×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

愛媛県のご当地アイドルです。

たのしみ置き場

まいまい生誕

ひめキュンのセンターまいまいこと岡本真依さんの、16歳の生誕祭(誕生日公演)について書いています。

ひめキュンフルーツ缶の5人について簡単に知りたい方はこちら

まいまい生誕祭

6月8日(土)

サロンキティで行われた生誕祭(誕生日公演)です。ひめキュンの定期公演です。

セットリスト
  1. アンダンテ
  2. ワタシダイイチキボウ
  3. ストロベリーKISS
  4. MC(女子力対決・針の糸通し)
  5. 恋の微熱
  6. iの奇蹟
  7. プラマイゼロの空
  8. フリーノート
  9. 時、戻れ
  10. カーテンコール
  11. MC(女子力対決・Tシャツ早たたみ)
  12. メイプルーフ
  13. キラーチューン
  14. GAME OVER
  15. ショートMC
  16. 恋が止まらない
  17. 果てしなき旅
  18. バズワード
  19. あれ?アレ!!天国
  20. 例えばのモンスター
  21. You Stay Dream

バズワード後エンドクレジット、アンコール3曲。

MCでの女子力対決

 公演の内容で変わったことといえば、MCでの女子力対決です。あくまで余興ですが、上記のセットリストで見ると何のことやら分からないと思うので最初に書きます。これはまいまいが、他のメンバーとそれぞれ1対1で女子力を競うというものでした。
 この時はMCに伊賀さんが登場しての進行になりました。なかなか楽しそうにされていたと思います。
 1回目の針の糸通しはほのたんとの対戦でした。3本の針にそれぞれ糸を通す!ただそれだけ。ファンの声援がたくさんあって盛り上がりましたけどね!!ほのたんは声援があると緊張してしまうからなのか、静かにして!というジェスチャーをしきりにしていました(かわいかったです)。勝負はギリギリでまいまいの勝ちになりました。
 2回目のTシャツ早たたみはゆんちゃんとの対戦でした。それぞれがTシャツを10枚ずつたたみました。
 これは早くたたむことときれいにたたむこと、両方が同時に求めらたため伊賀さんも勝敗の判定は難しかったようです。
 たたみ方としては、中心に折り目のこないゆんちゃんのたたみ方がよいという判定でしたが、ゆんちゃんのたたみ方は概ねきれいでしたが、たたみ終わったTシャツを積み上げたのがそろっていなかったため乱れた印象を受けました。対してまいまいは、たたみ方は大変きれいでしたが、最初に半分に折るたたみ方であったため、服の中心に折り目が生じることを根拠に評価を下げられ、結果的に引き分けになりました。
 あとどうでもいい話ですが引き分けの判定の後、伊賀さんは毎日帰宅すると洗濯物を取り込んでたたんでタンスにしまうという仕事をしているそうで自分の洗濯物たたみの技術を見せたかったのか、わざわざ自分で1枚たたんでみせました。すごく上手でした。
 私の個人的な感想としては、まいまいが結構しっかりしていたので安心しました。反面、ゆんちゃんはすごく器用な子だと思っていたので意外でした。勝負の前に(まゆりんだったかな?)ゆん雑なのにできるの?みたいな感じのことをぐさっと言われていたのが印象的でした。
 内容は単純ですが盛り上がった楽しい企画でした。
 恋が止まらないの前のショートMCでは、この日銀天街でたくさんファンと会ったという話でした。しかしファンの人たちが反応してくれないので自分たちが振られたみたいになっちゃったーという感じの話でした。じゃあ街であったときにはこうするっていうのを決めとけばいいんじゃない!?とかいう話でした。

肝心の内容

 安定のアンダンテ始まりでテンション上がりました。バズワードのリリースイベントで毎日聞きましたが、何となく聞いていたあの時より、ふりまねしたり推しジャンしたりしながらの今の方が楽しいです。
 時、戻れはたぶん初めて聴きました。まいまいのソロだったのでおおーと思いました。
 カーテンコールはやっぱりさくちゃんが素敵でした。カーテンコールを聞くのはたぶん2度目だったのでうれしかったです。
 今日のほのたんはすごく元気いっぱいで表情も豊かで視線も高く最高に素敵でした!!安心して見れました。そしてひめキュン全体としての踊りも動きがそろっていてきれいになっていたと思います。今もどんどん成長途中なんだというのが感じられてうれしかったです。
 今日は特にほのたんの印象が強かったですが、思い出しながらこの記事を書いていますが、なぜかまゆりんの印象が薄いです。別に悪いことは何もなかったのできっと私が見てるか見てないかの違いだと思います。こんなこともあるんですね。
 生誕公演ということで、生誕祭実行委員の方たちがサイリウムとリストバンドを用意してくださいました。リストバンドは最初から着用、サイリウムはアンコールで折りました。終演後、ケーキ・アルバム・メッセージカード・花束が贈呈されました。
 生誕委員の方たちはサイン握手会の後にも会場の掃除をしてくださっていてすごかったです。あとアンコールのコールが「タタン タ タンタン まいまいサイコー!!」で統一されました。応援合戦みたいでおもしろかったです。

握手会

 ステージの上手に例の赤いソファが置かれました。いつもと並び方が違いました。まいまい列はその赤いソファからホールの壁伝いにずっと上まで伸びて、6階のトイレぐらいまで到達していたそうです。
 他の4人はいつも通りの長机でしたが、ホールの座席を使った列の整理はなく、ステージ上で短い列が形成されていました。
 さくちゃんの生誕の時もそうでしたが、みなさん割と高価なものプレゼントしてますよね…。公式ホームページには高価すぎるものは受け取れないと書かれているんですが、運営側の方針も柔軟なのかもしれません。私はというと手造りのプレゼントでしたが喜んでもらえたようなのでよかったです。ほんとにいい子たちだと思います。

プレゼントに名前を書くまいまい

私が贈ったプレゼントに記名するまいまい。さくちゃんの時もそうでしたが、プレゼントはだれからのものか分かるように、全て名前を書いてくれていました!
ちなみにこの写真、ピントが耳とほっぺのあたりに…うーん残念。

まとめ

 あしたの日産と追加公演まとめて記事にするか悩んだんですが、日記をつけていた時の経験上、その時感じたことはその時点で文章化しておかないと、自分の考えの移り変わりをさかのぼって思い出し、順番に整理して文章化するのは極めて難しいため今のうちに記事にしておきました。

トップへ戻る

たのしみ置き場 ついばむ T 月 半円 四色 G タ