×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

愛媛のご当地アイドルです。

たのしみ置き場

ひめキュン全国ツアー2013-2014 松山公演 20131026

ひめキュンの全国ツアー「HimeKyun "Idoroll" Tour 2013-2014 Your Future Is Our Hope!!」の松山公演について書いています。

青枠の画像はクリック・タップで拡大できます。

松山公演

2013年10月26日(土)開場18:00 / 開演18:30

 ひめキュンの全国ツアーの初日でした。前売りチケットは完売、サロキ1階が人で埋まりました。

ライブ

セットリスト

例によって覚えていません。絶望よこんにちはとネバーエバーが生歌だったと思います。


 アコースティックライブのことをメンバーブログで見てから行きたかったと思った私としては、生歌があったのが一番よかったです。決してうまいわけではないですが一生懸命さが素敵で感動しました。
 また逆にいえばライブとしては人が多すぎて思ったように沸けませんでした。整理番号は172番で入ったにも関わらずだいぶ前の方に入れて、ライブ中の人の動きにもまれた結果2列目の上手側の端に落ち着きました。しかし私の入場後どんどん詰まって、ライブが始まると推しジャンはとてもできる状況ではなかったので途中で辞めました。振りコピも過酷でした。
 一番低いところの真ん中あたりの人たちは推しジャンも振りコピも盛んにされていたように思いました。沸き散らかす人が互いにスペースを確保し合ってうまいことやっていたのかもしれません。どうも私は前にいくことにこだわったのが裏目に出た感じがあります。

 内容としては、ミスターAで一番沸きました。自分でもなぜかは分かりません。
 後のさくちゃんのブログやファンのツイッターの書き込みでミスターAのコール合戦というものを知りました。ライブ中は全然気づきませんでしたが、それを知ってみるとなんか周りの人も特別沸いてたような気がするのできっとそれが原因だったのでしょう。私も知らないうちに雰囲気に呑まれて沸いていたのかもしれません。ライブのだいご味と言えるのではないでしょうか。

握手会

 握手会は、正面から入って5人の個別握手に並び、横の出口から出るという一方通行でした。自分の時間が終わると、すぐにスタッフさんに出るよう促され、中にとどまることはできませんでした。しかし列が短くなってくると、外に出ることなく中でループさせてもらえました。とてもうまいこといっていたので並びやすかったです。
 5人全員に並びましたが会話はいまいちでした。ゆんちゃんとは、新規の人がいっぱいいるから、全握の機会がもっとあればいいのにね、という話をしました。あとはたいていツアーどこ来るの?とかでした。そうそうほのかちゃんにはフリーノートでつぶされた話をしました。決してたくさんしゃべれたわけではないですが、総じて落ち着いて話せたのでまあよかったと思います。

余談

 ひめキュンのガチャガチャが前日に発売開始されており、この日サロキの前にも設置されていました。昼にはマックル文化祭もあり、多くのファンがまわしていました。
 ガチャガチャにあたりとして入っている2ショット券ですが、デザインは同じですが券の大きさが本来の物よりもかなり小さく、ひめキュンのガチャやしナノポシェでは使えないのでは…と危惧する声もありましたが、私が個人的に山下さんに聞いたところ、使えると言っていただきました。

トップへ戻る

たのしみ置き場 ついばむ T 月 半円 四色 G タ